大豊製紙株式会社

ホーム > 大豊製紙ブログ > 研修修了式について①

大豊製紙ブログ

研修修了式について①

|2021.5.13|採用関連|

こんにちは。電気課の坪内です。

現場研修が終わると事務所配属に戻り1ヵ月間の研修の後、本配属になります。
最後の事務所配属の1ヵ月間は研修修了式の準備と発表があります。
研修修了式とは、これまで研修して来た内容についての発表会です。
どこの企業でも研修が終わると発表する機会はあると思います。
発表内容や発表方法はそれぞれ企業によって違うと思います。

研修修了式は各年代で発表内容が違います。私が実施した内容は下記の通りです。

・企業理念の暗唱
・全社員の名前の暗唱
・各部署の説明
・キャリアロープの繋ぎ
・将来のビジョン
・新入社員として忘れてはならない事の暗唱

文章を暗記して発表するスタイルでした。
一字一句間違えずに発表するというやり方でしたので、暗記するのが非常に大変でした。
発表に必要な図や表はB紙(模造紙)に書いて発表していました。大学ではパワーポイントで発表していましたが、ずいぶん古いやり方でした。会社の時代を感じます・・・・
キャリアロープの繋ぎは実技試験のようなもので、工場にて紙の搬送に使用されるキャリアロープを結ぶことなく道具を使ってエンドレス加工をします。先輩からアドバイスをもらい、修了式までに何度も練習しましたので制限時間内に出来ました。(制限時間は5分でした。最近では4分、3分と短くなってきています。)
将来のビジョンは仕事とプライベートについて、いつまでに係長になりたいのかどうか、取得する資格について発表しています。

この発表の仕方は見直され、最近ではかなり発表内容、発表方法が変わりました。
他のブログ記事でご確認ください。

この研修修了式の発表までの準備で、同期で協力して図や表の作成をしたり、
暗唱ができているかの相互確認をしました。
同期の大切さを知るためのいいきっかけだったと思います。

◄戻る